景品の寄付について

子供に記憶に残る

幼稚園のイベントで貰ったりする景品はいろいろあると思うのですが、子供向けの景品なので大人からすれば大したことのない物に見えるかもしれません。けれど、子供たちにとってはその景品は掛け替えのない一つの大切な思い出として記憶に残っているでしょう。
この景品はいつのイベントで貰った物、あの景品はこんな行事で貰った物など、子供の記憶にははっきりといつ何を貰ったかが残っています。なのでどんな景品を貰っても、それを大切に保管して子供の思い出の品としてきちんと残してあげておくと良いでしょう。
例えば入園式で貰った景品、運動会でもらった景品、クリスマス等のイベントで貰った景品、誕生日会で貰った景品等、それぞれの景品はきちんとどのイベントでいつ貰ったかをその景品にサインペンなどで書き込み、記録をしておいてあげると良いでしょう。幼稚園は子供たちが初めて通う学校でもあります。なので、大人になっても幼稚園での出来事は思い出としてくっきりと子供の記憶に残っていものです。
いつになっても思い出の品を大切にして、幼稚園で貰う景品は大切に保存しておいてあげるのがおすすめです。もしも、子供たちがその景品を気に入ってしまってよく使い込んでしまった場合や、大きすぎて置き場所が無い等保管が厳しい場合には、写真に撮って画像として残しておいてあげると良いかもしれません。

保護者主体でもある

我が家には現在、幼稚園の年長になる娘がいます。幼稚園のイベント、特にバザーでの売り物や景品としての提出が義務づけられています。一人二点以上がうちの幼稚園では原則です。我が家では、自宅で余ったものを提出しました。新聞屋からもらった洗濯洗剤なんかを提出しました。
このようなイベントには幼稚園側主体ではなく、保護者主体のイベントもあります。私の妻が係りになり、景品として提示されたものの提出状況をチェックする係りになったのですが、うち子のクラスは、なんと全員提出にはなりませんでした。8割の方が提出期限までに出してくれたのに対して2割の人は未提出で終わってしまいました。
一応、不公平感をなくすために提出は義務的で必須になっていますが、全員分集まりませんでした。結果我が家で不足分も上乗せして提出しました。何か事情があったのか、忘れていたのか、それともわかっていたけど無視していたのか理由はわかりませんが、全員集まらなかったのは少しショックでしたね。
個人攻撃はしませんでしたが、まだ未提出の方含めお願いメールを幼稚園の一括メールで送ってもらいましたが、音沙汰ありませんでした。幼稚園で景品を扱うときはこうした事情も配慮しながら取り決めていくのが一番だと感じました。

カレンダー

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリ

メニュー

おすすめ記事

元幼稚園教諭が教える子どもが喜ぶ景品

カタログも参考になる 幼稚園で10年以上働いていましたが、毎年行われるイベントというのがあり、その中で子どもに景品を渡…

もっと読む

幼稚園のイベントで好評の景品5選

大量注文も可能 幼稚園のイベントでよくあるのが、保護者会主催の夏祭りなどです。参加するのは子供も大人も楽しいのですが、…

もっと読む

景品の寄付について

子供に記憶に残る 幼稚園のイベントで貰ったりする景品はいろいろあると思うのですが、子供向けの景品なので大人からすれば大…

もっと読む